医療用プラセンタの働き|臭いを根本から解決できる|わきが治療で汗も抑える

臭いを根本から解決できる|わきが治療で汗も抑える

女の人

医療用プラセンタの働き

注射器

更年期障害の治療などでお馴染みの注射がプラセンタ注射です。プラセンタ注射は、ヒト由来の胎盤を有効成分にした治療法の一つです。更年期障害の治療の他に、美容、健康、ダイエットと幅広い目的で利用されています。市販のプラセンタサプリの場合、豚や馬の胎盤が主原料になっています。ヒト由来のプラセンタ注射は医療用なので、美容外科などの医療機関だけで受けられます。プラセンタ注射は同じ人間から取った胎盤を配合しているのでとても効果が高いです。しかし、注意すべきなのが献血が出来なくなることです。これは万が一の感染症のリスクを考慮してのことです。プラセンタ注射を一回でも投与したら、献血をしないように注意をする必要があります。

プラセンタ注射には、様々な体や肌にいい効果があります。女性は45歳を過ぎて更年期に差し掛かると女性ホルモンが乱れ、更年期障害になります。プラセンタにはホルモンの乱れを整え、正常な状態に調整する働きがあります。そのため、更年期障害治療では定番となっています。新陳代謝を活発化したり、活性酸素を除去したりする美肌効果もあります。さらに、コラーゲンが生成されやすい環境を作るのでアンチエイジングも出来ます。プラセンタ注射には発毛効果や育毛効果もあるので、薄毛治療に使われることがあります。特に女性の抜け毛に効果的です。血液の流れをスムーズにして栄養を隅々まで届け、発毛しやすい頭皮環境を作ることが出来ます。